プロミスの即日キャッシング|最短30分の審査で借り入れが可能

プロミスで即日借入を受ける方法と手順

プロミスは最短1時間融資!
お急ぎでお金を借りた方にオススメ

みなさんご存知の「プロミス」
CMでもよく見かけますよね?
ひと昔前の消費者金融のイメージとかけ離れて
なんだか明るく爽やかなCMです。

多くの人が気兼ねなくフランクにお金を借りれる、
そんなイメージになっていますね。

テレビドラマにあるようなコワオモテのおじさんが
ドカドカと家にやって来る。
そんなコトは今の時代、ありえないコトです。

それもそのはず、今では「賃金業法の改正」がされていますから
悪質なコトはできなくなっているのです。

これは安心ですよね。
ですからあのCMのように明るくて爽やかなイメージなんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

プロミスの30日間無利息サービスは初回借入日の
翌日から

プロミスのメリット「30日間無利息サービス」
これは、はじめの方のみ適用されるものです。

はじめてのご利用の翌日からなんと!30日間無利息です!!
これは、非常にうれしいですよね〜。そしてちょっぴり安心です。
30日以内だと実質、利息は0円になります。

またうれしいコトに無利息期間中は何度ご利用いただいても
利息はかからないのです。

これは!使わないという選択肢はありませんね。
ただし、これを利用するにはメールアドレス登録と
WEB明細利用の登録が必要になります。

これは本当にプロミスのメリットですよね。
ただ、他社にも「無利息サービス」というのはあるのですが
プロミスと大きく違うところがあるのです。

それは例えば契約した日からすぐに借り入れ出来ず
2日たったとします。
他社でのシステムは、無利息が適応されるのは契約日からなので
借り入れ出来ずにいた2日間分の無利息期間をなくしてしまうコトになるのです。

プロミスの場合は、契約日と借り入れ日の間があいても
適応されるのは借り入れ日からの30日間です。

ですからとりあえず先に契約をしておいて
それからよ〜く考えて借り入れするコトが可能なわけです。
ほんと、有り難いコトです。
プロミスの良心的さがあらわれています。

受付時間は?申込み当日にお金を借りる為の条件は?

プロミスには「瞬フリ」というシステムがあります。

これは原則24時間で、最短10秒で振込融資を受けられるというものです。こんなに早く融資してもらえるんですね。
急な要り用の時なんかは、ほんと助かりますよねー!

このように「瞬フリ」ができるようになったのは、稼動時間拡大に参加する金融機関を対象に、「即時振込」の時間帯が拡大されたからです。消費者の見方ですね〜。

24時間振込可能な金融機関、三井住友銀行やジャパンネット銀行の口座を持っていれさえすれば、平日15時以降や休日でも振込融資を受けられるようになったのです。

プロミスの融資の早さはダントツです。

「今すぐお金が欲しい!」という人には大変うれしいプロミスです。

プロミス即日キャッシングでは最短30分で審査が完了します

早ければ融資までの時間は最短1時間です。

他社でも審査時間の短縮に力は入れていますが、大手消費者金融の中でも最短で1時間で融資が可能なのはプロミスかアコムのみです。

そして審査にかかる時間は消費者側の提出書類等にも関係してきます。
「今すぐお金が欲しい!」とお急ぎの方は書類の有無をしっかりと確認しておきましょう。

必要な書類などは、こちらになります。
「本人確認書類」と「収入証明書類」のふたつです。

「本人確認書類」とは、運転免許証やパスポートのことですが、
健康保険証+住民票の提出でも提出可能です。

なお、外国籍の方は在留カードもしくは特別永住者証明書が必要となります。

「収入証明書類」は借り入れ希望額が50万円を超える場合、もしくは他社借り入れとの合計額が100万円を超える場合に必要です。

収入証明書とは次の3点のどれかひとつです。

源泉徴収票(最新のもの)
確定申告書(最新のもの)
給料明細書(直近2か月+1年分の賞与明細書)

審査をすぐに終わらせて契約するためにも
書類は、余裕を持って取り寄せておきましょう。

プロミスでお金を借りる為の条件は、安定的な収入のある20歳~69歳までの人です。
主婦や学生だとしてもパートやアルバイトでの安定収入がある場合はお金を借りるコトはできます。

それでも少し心配だなぁ〜という人は、プロミスのインターネットで「お借り入れシミュレーション」をするのはどうでしょうか?

「お借り入れシミュレーション」は審査に不安な人が試すモノで
年齢や他社からの借入可能かが診断できるモノです。
ひとまず「お借り入れシミュレーション」で安心を手に入れましょう。

これらがプロミスでのお金の借り方です。
誰もが最初から「お金を借りたい‥」なんて思っていません。

突然の出費は予測できないものです。
仕方なくお金をかりるモノだと思います。
お金を借りる、うしろめたさや不安がつきまといますが
今では消費者金融が安心できるモノとなっています。